会社概要

私たちが大事にすること

 大正生まれの祖父母と過ごす時間が長かった私にとって、忘れられない味がたくさんあります。

 ・おひつに移した炊き立てのごはん
 ・勝手口から取る笹でつくるバラン 
 ・毎日出てくる煮物

 何も深く考えずに出してくれていた祖母の影を追い求めるうちに、たくさんの仲間が集い、お客さまに支えられて今日までやってきました。

 良いと思うものをご提供したい。ただただ愚直に、心の声と向き合うことは素材と向き合うことだと考えています。また味噌、漬物、梅干し、干し柿など各家庭に当たり前にあったものが今では遠い昔の味になってしまったように思います。塩や醤油、出汁など先人が連綿とつないできた食文化を今一度見直し、敬意を持って勉強する日々をこれからも歩んで参ります。

 食べることは生きること。先輩方が教えてくださった金言を胸に次の世代へ渡せるバトンを作り続けて参ります。

2022年1月吉日 代表取締役 能登正太郎

会社概要

社 名:銀俵株式会社

設 立:1989年7月

代 表:能登正太郎

所在地:〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野1497-57

事業内容

【飲食店営業】
・釜炊近江米 銀俵
・山とおむすび 銀月舎

【食品製造業】
・各種そうざい製造
・菓子製造

沿革

1988年 食器やカトラリーなど食まわりのプロダクトデザイン業を始める

1995年 本社オフィスに自然食品店を開業

1999年 食品工房設立

2006年 滋賀県甲賀市より県立陶芸の森レストランブースに入居(運営委託)

2016年 「釜炊近江米 銀俵」を国道307号線にオープン
    伊賀〜信楽の近隣農家さんとの連携を始める

2018年 食品工房を移築
    ニホンミツバチ保護活動を開始

2020年 耕作放棄地二反を借り上げ、自社のオーガニックハーブ畑として再利用開始

2022年 陶芸の森 レストランブースをリニューアル
    「山とおむすび 銀月舎」オープン